玄秀盛さんという方の本で「泣いてもええねん、すべてはそれからや」です。

夜中にテレビで特集がされていて、しったことにより、この本を買った覚えがある。

イケイケどんどんで人生を生きて来ても、無敵だと思っていても、無敵ではんく、人生そんなにあまくない。

人生にとって大事なものは、なんなんだ。

結局は、自分の欲望のままに生きてきても、つながっているものが何なのかで、その人の人生にとってもつながりはどうにでもなってします。

この、玄秀盛さんのすごいところは、お金だけの付きやいとはいえ、いろんな人が離れていき、にんげんあんんで信じられない思ったはずなのに、それでも人助けをしようと頑張る姿がすごいなと思いました。

僕ならあきらめているかもしれないし、裏切られた相手をもう一度を許すことなど、僕の器では到底できない。

やはり、経験者は語るというのか、ド正論だからかあいては納得してしまうことになるのか?

僕も相談してみたいと考えるほど、人間的に素晴らしい人だと思う。

経営者になると、人に叱られたり、注意されることはなくなる

なので、自分で勉強し、気付くしかない。

一番人を助けるときに難しいことは、

  • 自分にはできるけど、相手にはできない。
  • 相手はできるけど、自分には理解できない。

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」

いつもこの言葉を頭に入れて生活をしている。

どういう意味かと言うと、

小さな鳥には、大きな鳥の志はわからない。

本業を創業から一緒にやってきた友達がいた。そいつは、現実からいつも逃げてばっかりだった。

なにひとつ達成したことがない人間で、すべて他人のせいにする人間だった。

学校は中退、親のせい。最初の結婚は捨てられ離婚、これは仕事のせい。自分の事業を立ち上げると言っても一つも進まない、これは離婚のせい。

いっしょに商売をして、僕は少なからず勉強して知識をつけ、従業員の手本になるように働き続けた。

「マジでいつ寝てるんですか?」

「俺は、寝んでもいいタイプ見たいやわ!」

そして誰よりも努力して、従業員の生活や家族を守れるようにさらに努力し続けた。

その業界で一番になれるように、誰よりも頼られる人間になれるように!

でもそいつは、僕が努力するので、自分は努力せずに、授業員い偉そうなことばかり言っていた。

人生は残酷である。

そいつが後輩だと思っていたやつは、僕の姿を見て努力し、商売を軌道に乗せた。そして、そいつを超える存在になってしまった。そうなるおと、問題は大きくなる。

後輩に越えられると、立場がなくなり、偉そうに言っても誰も言う事を聞かなくなった。

すると、そいつはいいはじめた。こき使うから自分の時間がなかった。

みんな前で、すべて人のせいにしだした。

一番若いやつが笑った。

「そこで何わらってんねん」

と怒ると、そいつは言った。

「頭いかれてんな?ええ年下おっさんが子供みたいなこと言ってんな」

みんなが思っていたことだったが、ついにいってしまい、そいつは仕事を辞めた。いまは夜勤の仕事で命削って仕事しているみたい。

このように、腹が決まった人間の強さは、他人をも動かすことができるという事かな?と思った本でした。

泣いてもええねん、すべてはそれからや。なんていい言葉でしょうか?

俺が言うから間違いない。いまからや!!

こんなことを言われれば、気持ちは動くと思います!いい本です!ぜひ弱ったときは、読んでください!